大阪府交野市のMRI検査 前谷クリニック 【整形外科・リハビリ科・リウマチ科・MRI検査・人間ドック他】
ホーム
スタッフ紹介
設備紹介
診療カレンダー
アクセス・地図
ホーム > 設備紹介

設備紹介

■ MRI


高性能な1.5テスラMRIです。
短時間で高精度な検査を行うことができます。
静穏性に優れ従来よりも検査音が小さく、奥行は短く開放的でリラックスして検査を受けられます。またLED照明を使用した明るい設計で、暗所が苦手な方でも安心して検査を受けて頂けます。
また、非造影MRA技術も向上しており造影剤を使わずに細かな血管まで撮影することができます。

■ レントゲンDR


脊椎、関節、胸部などの撮影を従来型に比べより少ないレントゲン線量で撮影できます。CRからDRシステム(フラットパネル)に入れ替え、撮影後素早く大きな精細モニターに飛ばし、説明が可能になりました。
圧迫骨折を疑ったり、靭帯損傷、原因不明な疼痛等レントゲン検査では発見が難しい病状に対しては、MRI検査も積極的に行います。

■ 骨密度測定装置(DEXA法)


当クリニックでは、DEXA(デキサ)法という、正確に骨密度の測定が可能な方法で骨密度を検査しています。
2種類の微量のX線を用いて、加齢による変形が少ない前腕部で骨密度を測定します。将来の骨折予防のために検査結果を踏まえ定期的に骨粗鬆症の治療を積極的に行っています。

■ 動脈硬化測定器 (FORM)


四肢の血圧を同時に測定し、動脈硬化の程度を数値化して将来のリスクを評価します。心筋梗塞、脳梗塞、下肢の壊疽等の予防目的で積極的に投薬加療も行っています。

■ エコー検査器


放射線被ばくの無い超音波を利用して、頸部、甲状腺腫瘍、頸動脈のプラーク(動脈硬化)などの状態を観察します。

■ 早期アルツハイマー型認知症診断支援システムソフト(VSRAD)

早期アルツハイマー型認知症診断支援システムソフトです。
脳の萎縮度を正常脳と比較して数値で評価します。現在はDLB(レビー小体型認知症)も判定できます。患者様のご家族とも話し合い適切な病院を紹介しています。


前谷クリニック
〒576-0016 大阪府交野市星田5-23-1
072-895-2990

Copyright (c) Maetani clinic All Rights Reserved.