大阪府交野市のMRI検査 前谷クリニック 【整形外科・リハビリ科・リウマチ科・MRI検査・人間ドック他】
ホーム
スタッフ紹介
設備紹介
診療カレンダー
アクセス・地図
ホーム > MRI検査について

MRI検査について

■ MRI検査とは

MRI(磁気共鳴断層撮影装置)検査とは、磁気を用いて画像検査を行う方法です。
レントゲン検査と異なり、放射線に被曝することなく、体内の詳しい断層像を得ることができます。
痛みもなく、30分程度(検査内容により異なります)、横になっているだけで検査できます。様々な方向から撮影可能なので、比較的精度が高い検査・診断が可能となります。
当クリニックでは高性能な1.5テスラMRIを導入しており脳や脊髄をはじめ、ほぼ全身の病気の早期発見・早期治療に役立てています。

■ MRI検査による早期診断

お体に不調を感じたり、何か症状がある場合には、「病院へ行くほどでない」と自己判断せずに、専門家の診断を受けられることをおすすめします。
本当に「病院へ行くほどではない」かどうかは、医師が診てみないことにはわかりません。
また、不調や症状を我慢し続け、不安な気持ちのまま生活を送るより、適切な診察と検査で確定診断を得た方が不安なく生活が送れるものと思います。

不調や症状の原因がわかれば、適切な治療やそれに応じた生活習慣を心掛け、症状の進行防止や改善に繋げることが可能となります。
当クリニックでは気軽にMRI検査が受けられる環境を整え、患者様の不調・症状の確定診断や、それに対する治療対策の「結論」をできるだけ早くお伝えするように努めています。

■ MRI検査はこんな方におすすめです

・頭痛や片頭痛がある方
・耳鳴りがある方
・手足のしびれがある方
・重度の肩こりや首のこりでお悩みの方
・背中の痛みでお悩みの方
・40歳以上の方     など
・めまいや立ちくらみが気になる方
・物忘れがひどくなった方
・手足の脱力でお悩みの方
・腰の痛みでお悩みの方
・脳卒中などの家族歴がある方

■ MRI検査で早期発見が可能な主な疾患

・脳梗塞
・脳腫瘍
・ 脳炎
・ 髄膜炎
・くも膜下出血
・慢性硬膜下血腫
・ 椎間板ヘルニア
・ 圧迫骨折
・ 疲労骨折
・ 靭帯損傷
・ 軟骨損傷  など





■ 高性能な1.5テスラMRI導入


当クリニックでは病院並みの高性能な1.5テスラMRIを導入しており、短時間で高精度な検査を行うことができます。
特に静穏性に優れ、従来よりも検査音が静かで、検査部の奥行も短いので、開放的なスペースでリラックスして検査を受けて頂けます。LED照明を使用した明るい設計となっていますので、暗所が苦手な方でも安心して検査を受けて頂ることが可能です。
また、非造影MRA技術も向上しているため、造影剤を使わずに細かな血管まで撮影することができます。

■ ドックでは土曜午後もMRI検査を行っています


当クリニックではお一人でも多くの方に気軽にMRI検査を受けて頂くために、診療時間内に加え、ドック検査では土曜午後にも検査を行っています。
お仕事などが忙しくて平日に検査を受けられない方は、一度当クリニックまでご連絡ください。
脳ドックの検査結果につきましては、後日結果のレポートとCDに画像を添えてお送り致します。当日医師からの説明はありません。
また、医師による面談説明や専門医紹介は、後日保険診療にて受けて頂くことが可能です。

■ MRI検査は細かな異常も見落とさずに発見できます

MRI検査では、軽度の骨打撲、圧迫骨折、靭帯軟骨損傷、腫瘍など、レントゲン検査ではわからない細かな異常を発見することが可能です。
実際原因なく「腰が痛い」と訴えられている方にMRI検査を行ったところ、レントゲン検査では見落とされがちな”いつの間にか骨折”を発見することが多々あります。
このようにMRI検査では、レントゲン検査だけでは見落とされがちなレベルの異常の発見にも高い効果を発揮し、それにより早期に適切な治療を受けたり、日常生活を制限したりするなどの対応をとることができるようになります。

■ 2名の医師による入念なダブルチェック

ドックに関するMRI検査の読影は、2名(画像診断を担当する放射線科医含む)の医師がダブルチェックを行います。
見逃しのない詳細な検査を心がけています。

■ MRI検査の注意事項

 次の方は検査を受けることが出来ません
・心臓ペースメーカーを装着されている方。機種によってはまれに可能な場合がありますが、その場合は病院医師からの許可証が必須です。通常は検査病院が限られています。
・妊娠中または妊娠の可能性がある方。
・人工内耳を装着している方。
・磁力型の義歯を骨に埋没している方。
 次の方は検査前に書面にてチェックが必要です
・脳動脈クリップを入れられている方(クリップの種類によっては検査可能です)
・人工関節など、体内に金属を入れられている方(金属の種類や、部位によっては検査可能です)
・入れ墨・アートメイクをされている方(眉、アイラインなども含みます)マスカラはできる限りお取りください。手足のネイルは検査時に手袋靴下を付けて頂きます。(クリニックに用意あり)
 MRI室に持ち込めないもの・外す必要があるもの
・金属類(時計、眼鏡、指輪、アクセサリー類、ヘアピン、ピアスなど)
・カード類(キャッシュカード、ICカードなど)
・コンタクトレンズ(材質に金属が使われている場合があります)外して頂く場合があります。
・その他(携帯電話、入れ歯、磁気治療貼布剤、使い捨てカイロ、ベルトなど)
 検査前の注意事項
・腹部の検査を受けられる方は、検査3時間前までに食事をお済ませください
・飲水はかまいませんが、カフェインの摂取はお控えください
・検査直前の飲水はお控えください
 閉所恐怖症の方へ
閉所恐怖症の方、あるいはその傾向のある方は、事前にお申し出ください。不安時に検査室と連絡するボタンも有ります。
リラックスして検査を受けて頂くために、検査前に安定剤の服用をおすすめする場合があります。


前谷クリニック
〒576-0016 大阪府交野市星田5-23-1
072-895-2990

Copyright (c) Maetani clinic All Rights Reserved.